洋菓子店であり、養蜂家であり、ファーマーの私たちのブログでございます。

岐阜県郡上市のパティスリー。 養蜂家である自分たちで採った蜂蜜を使用して こだわりのスイーツつくりをしております。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

つばめにやられました。  

2013-07-02-01.jpg

養蜂の師匠である三輪さんが遊びにきてくださったとき
うちの巣箱を見てて「あーここは女王が死んだな」っと行った巣箱。
少し前に自分で見たとき、蜂の背中がえらくテカテカしてて
他の蜂と明らかに違ったミツバチが、守門にいましたが
なんだ?この蜂?っと思いその場を離れ忘れてしまってました。
この蜂は刺すから気をつけろつと言って、ミツバチの背中のシマシマを
他のミツバチと比べいろいろまた教えてもらいました。

それから数週間、いよいよ蜂がいなくなり
巣箱を解体すると、スムシ(蜂の巣ツヅリガ)の楽園と化してた。

一生懸命一から作って、子供を産んで、蜜を溜めた巣に
スムシは寄生して幼虫を産みつけるのだ。
その光景ときたら、醜く無惨である。

そもそも、なんで女王が死んだかというと。。
ツバメに食われたのだそうだ。

師匠によりますと、電線にツバメが並んでて
交尾をするため巣箱から出て空中にいる
女王蜂を見つけて
親ツバメが子供に言うのだそうだ。
「あそこにいるでかくてどんくさそうなのを捕まえてごらん」っと。

女王が死んだ群は悲惨な結末を送ることとなる。
一生懸命つくったコロニーは、ツバメが崩し
スムシに食い尽くされました。

そして私はスムシの幼虫を鳥に食わせる。

これもパーマカルチャーでしょうか?
とりあえず私は腹が立つのである。ツバメのバカ



















スポンサーサイト

category: 養蜂

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pasde911.blog55.fc2.com/tb.php/449-c1af0be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。